会社清算の流れと実務

社長・経営者の為の入門知識

経営者ナビ >> 会社・法人の手続き >> 会社清算の流れと実務の解説

◆会社清算の流れと実務(目次)

◆会社清算とは?

 会社清算とは、解散後の会社にある法的な「権利」「財産」、「負債」を全て清算する為の事務手続きのみを実行するための清算手続きの事です。

 法人、会社組織は「解散手続き」に続いて「清算登記手続き」までを行うことで、はじめて完全に会社が消滅する事になります。

◆会社清算の実務について

 法人格の消滅を図るためには会社の解散⇒清算の流れで手続きを行います。

 尚、解散申告が終わり、会社の清算手続きに入っている会社は「清算中の会社」と呼ばれ、この段階では以前、法人格を有しているため、法人としての活動は可能です。

 但し、清算中の会社の目的は、営業活動による利益の追求ではなく法人格が保有している権利義務関係の清算が目的であるため、清算中の会社が営業活動を積極的に行うようなことは認められません。

◆会社清算方法は2種類

 会社清算方法は原則として通常清算と呼ばれる清算方法で手続きが行われますが、清算業務の遂行が困難と想定されるような特別なケースにおいては「特別清算」と呼ばれる清算方法で手続きが行われるケースもあります。

会社清算方法は2種類【図】

 法人組織の清算を行うにはまず、会社の解散登記を行い清算人を選任した上で清算人が清算実務を行う流れとなっている点がポイントです。